飯田和正のブログ 真規商事総務課課長 埼玉県さいたま市在住 28歳サラリーマン

古くから刻まれた競馬の歴史

競馬の歴史は古く、16世紀のヨーロッパから始まり、北米・南米・アジア・アフリカ等、世界的に愛されています。
そして日本に「洋式競馬」が生まれたのは、文久2年(1862)の春、横浜(現在の中区)で居留外国人によって行われた競馬が最初とされています。
この洋式競馬こそ、現在の競馬の原形そのものです。

競技方式にしても、当時の西洋式の競馬がもとになっています。
そんな洋式競馬を模倣して、やがて各地で競馬が行われるようになり、現在、日本中央競馬会が施行する中央競馬と、各地方自治体が施行する地方競馬に分かれています。
中央競馬と地方競馬はもともと起源が異なっています。
中央競馬は、投票券(公営競技)馬券黙許時代に、政府が公認した競馬会によって行われた馬券発売をともなう競馬を
地方競馬は競馬規程に基づき地方長官の許可の下に行われた馬券発売をともなわない競馬を、それぞれ起源としています。
競馬を活性化するために、今では中央競馬と地方競馬が同じレースを走る交流競馬も主流となっています。

当時の競馬は政界、財界、あるいは軍や皇室、国賓などの上流階級のための催しとして行われ、紳士淑女の集う場所とされていました。
一世紀経った今でも親しまれている競馬は、多くの競馬ファンの支援から来ているものと言えるでしょう。

最新記事

  • 競馬の予想って難しい…どんなふうに予想をしたらいいのかわからない…競馬新聞の読み方が謎…と悩んでいる方も少なく …

    競馬の予想は頭の運動になる?

  • 競馬は紛れもなくスポーツですが、日本ではあまりスポーツだと認識されず、ギャンブルだと思っている方が多いです。 …

    競馬に興味を持つ人が多い理由とは

  • 競馬に関わる職業には様々なものがあります。 まずメジャーな存在として騎手が挙げられますが、これは最も華やかで目 …

    競馬に関わる職業について